ニュース

ホーム / ニュース / 家づくりのこだわり

こんにちは。シンフォニーハウス 片山工務店です。

今回は片山工務店が得意としている通風計画を取り入れた住まいづくりについてご紹介いたします。

 

柏崎の風をよんで住まいを建てる

その土地、その土地によって風の吹き方はちがうのですが、柏崎周辺では昼は海風が吹き、夜には山風が吹きます。また風の通り道になっているような土地では他に比べて強い風が吹き、逆に風があまり吹かないという土地もあります。そこで片山工務店では家を建てる時にはまず、その土地でどんな風が吹いているのかを調べることからはじめています。そして、風が強く吹くような土地では風をさえぎるような窓を使い、風があまり吹かないような土地では風をうまく取り込めるように縦すべり窓などを使っています。

 

自然の風を取り入れて快適に暮らす

自然の風をうまく取り入れることができれば、夏の寝苦しい夜でもエアコンを使わずに自然の風だけで心地よく眠ることができます。ですから家をつくる際には、デザイン重視で窓を選ぶのではなく、自然の風をうまく取り込むことができるような窓を選び、どこに窓を設けるかをしっかりと計画することが大切です。片山工務店は柏崎周辺の風をよむことに関してはどこにも負けない自信があります。柏崎の風を感じながら快適に暮らしたいというお客さまは、ぜひ片山工務店にご相談ください。

 

 

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

80年かけて培ってきた家づくりのノウハウ
オリジナル商品シンフォニーハウスをご提供

有限会社 片山工務店

新潟県柏崎市上田尻1050-1
TEL 0257-23-1888

ホームページはこちら
https://www.katayama-koumuten.jp/

公式ブログはこちら
https://www.katayama-koumuten.jp/news/

インスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/katayamakoumuten/

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

こんにちは。シンフォニーハウス 片山工務店です。

前回は雪国の家づくりのポイントでもある「基礎高」についてご紹介しましたが、今回は豪雪によって家が損壊した場合にも使える火災保険についてご紹介いたします。

 

雪、雷など火災以外にも使える火災保険

銀行などから融資を受けて家を新築する際に加入が必要となる「火災保険」。でもこの火災保険、火災による損害時の時にしか使うことができないと思いこんでいる方が多いようです。でも実際は、今回のような雪害や、雷、風、設備機器の故障時などにもこの火災保険を使うことができます。(契約内容によっては保証されない場合もあるので、どのような契約をされているか確認することが必要です。)

 

片山工務店がこっそり教える火災保険の上手な選び方

火災保険に加入する際、銀行などからすすめられた保険に何の疑いもなく入るという方も多いと思います。でも火災保険はさまざまな保険会社から販売されていて、金額はその会社によってかなり違うものとなっているのですが、保証内容はどこの保険会社もほぼ変わらない内容となっています。つまり火災保険に加入する際は、銀行にすすめられるがままに加入するのではなく、自分に最適な火災保険をしっかり選んで入るのがベストな選択です。片山工務店は保険の特約店ではないのですが、いくつもある保険の中からお客様に最適な保険をおすすめすることができます!

 

片山工務店では、家を建てる時だけではなく、家を建てた後のことも考えた家づくりを提案しております。火災保険のことでもし気になることがありましたら、お気軽に片山工務店にご相談ください。

 

 

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

80年かけて培ってきた家づくりのノウハウ
オリジナル商品シンフォニーハウスをご提供

有限会社 片山工務店

新潟県柏崎市上田尻1050-1
TEL 0257-23-1888

ホームページはこちら
https://www.katayama-koumuten.jp/

公式ブログはこちら
https://www.katayama-koumuten.jp/news/

インスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/katayamakoumuten/

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

こんにちは。シンフォニーハウス 片山工務店です。

今年の冬はすごい大雪でしたが、みなさんの住んでいる地域ではいかがでしたでしょうか。さて今回は雪国で家をつくる際のポイントでもある「基礎高(きそだか)」についてご紹介いたします。

 

基礎を高くすることで、雪から家を守る

柏崎や長岡などの雪国で家を建てる際には、家の基礎を一般的な高さよりも20〜30cmほど高くすることがとても大切です! こうすることによって少しの雪なら雪かきをしなくても大丈夫ですし、今年のような豪雪時でも窓まで雪が積もることが少なくなり、積もった雪で窓が割れることを防ぐことができます。さらに基礎が高いことで、地面から上がってくる湿気を防ぐことができ、雨の跳ね上がりによって木造部分や外壁を傷めるということも防ぐことができるのです。さらに、家と地面の間に空間ができ、この空間があることによって住まいのメンテナンスが容易になるのです。

 

片山工務店では高めの基礎が標準仕様

今年の豪雪時、何の支障もなく玄関から出入りできた家もあれば、玄関がすっかり雪で覆われてしまった家もあったと思います。これは積雪だけの問題ではなく、基礎の高さによってこの違いが出てくるのです。片山工務店の住まいでは高めの基礎がすべて標準仕様になっているので安心です!

 

片山工務店では80年培った経験と知識をいかして、雪に強い住まいを提案しています。どうぞ片山工務店をよろしくお願いいたします!

 

 

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

80年かけて培ってきた家づくりのノウハウ
オリジナル商品シンフォニーハウスをご提供

有限会社 片山工務店

新潟県柏崎市上田尻1050-1
TEL 0257-23-1888

ホームページはこちら
https://www.katayama-koumuten.jp/

公式ブログはこちら
https://www.katayama-koumuten.jp/news/

インスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/katayamakoumuten/

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

こんにちは、シンフォニーハウス 片山工務店です!

ハウスダストに花粉症、PM2.5など綺麗な空気環境の家に住みたいという方に覚えておいて欲しいのが全館気調「IAQ気調システム」です。

 

このIAQ熱交換気、少し名前は難しいですが24時間365日住まいの空気環境を浄化し続けるという気調システムで、イメージ的には家の中を医療機関のクリーンルームと同じような環境に保つためのものです。

 

IAQ気調システムは温度センサーと湿度センサーで熱交換器と普通換気の切り替えを効率よくコントロール。給排気風量バランスも自動コントロールすることで省エネを実現しています。

 

簡単に言うと家の中の空気を循環させる装置をつけて、高品質なフィルターを通して綺麗な空気を室内に送り込み、汚れた空気を押し出すことによって、花粉やPM2.5といった微粒子の進入を防ぎます。花粉やPM2.5などの微粒子にも対応しているため、アレルギーが気になる方にはとても重宝します。

 

ちなみにシンフォニーハウス 片山工務店の住まいでは、住む人の健康を考えて「IAQ気調システム」をおすすめとしています。喘息やアレルギーにお悩みの方、家を建てるときは空気環境についてもしっかりと考えてみてください!

 

 

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

80年かけて培ってきた家づくりのノウハウ
オリジナル商品シンフォニーハウスをご提供

有限会社 片山工務店

新潟県柏崎市上田尻1050-1
TEL 0257-23-1888

ホームページはこちら
https://www.katayama-koumuten.jp/

公式ブログはこちら
https://www.katayama-koumuten.jp/news/

インスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/katayamakoumuten/

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

こんにちは、シンフォニーハウス 片山工務店です!

岩上モデルハウスにお越しいただいた方に来場のきっかけを伺ってみると多くの方が「暖かさを体験してみたかったから」とお答えいただきます。そこで本日は弊社のこだわりでもある「断熱」についてお話してみたいと思います!

 

「床暖房つけてるんですか?」と尋ねられることがありますが、弊社の岩上モデルハウスに床暖房はついておりません。ではなぜ、床暖房と間違えてしまうくらい暖かいのか。その秘密は断熱施工にあります。

 

まずは基礎にアクアフォームというコンクリートにも接着しやすい特殊な断熱材を吹き付けて隙間を埋めることで底冷えを防止。「床下も家の中」という考え方です。

 

さらに壁は内と外の両方から施工してダブル断熱仕様に。もちろん窓は中も外もアルゴンガス入り遮熱ガラス仕様の樹脂サッシを使用しています。仕上げは屋根断熱。屋根の裏側に通気層を設け直接断熱施工することにより、寒さだけでなく夏場の温度上昇も防ぎます

 

北海道ではこのような断熱施工が一般的ですが、本土ではここまで断熱にこだわった住まいを提供する会社はそう多くありません。

 

しかし、柏崎は積雪に加えて風が強く体感温度の低い地域ですから、しっかりとした外気対策が欠かせません。岩上モデルハウスに来ていただければ、きっと断熱の良さや大切さを実感いただけると思います。

 

ダブル断熱ってどれくらい暖かいの?とご興味のある方、ぜひ岩上モデルハウスにきてご自宅と比べてみてはいかがでしょうか?

 

 

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

80年かけて培ってきた家づくりのノウハウ
オリジナル商品シンフォニーハウスをご提供

有限会社 片山工務店

新潟県柏崎市上田尻1050-1
TEL 0257-23-1888

ホームページはこちら
https://www.katayama-koumuten.jp/

公式ブログはこちら
https://www.katayama-koumuten.jp/news/

インスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/katayamakoumuten/

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

こんにちは、シンフォニーハウス 片山工務店です!

家族が毎日使うからこそお風呂はいつでも綺麗に保ちたいもの。しかし、毎日隅々まで掃除する時間はない…。そんなお悩みを解決する設備がシステムバス「オフローラ」です。

 

 

オフローラは水アカが付きにくい有機ガラス系新素材を浴槽、カウンター、水栓に使用することでお掃除の手間を大幅に削減。床はスミに目地がないので汚れが落としやすくなっています。

 

また従来のドアは、パッキンや換気口が汚れやすいものが多くありますが、オフローラに採用されているスキットドアはパッキンをなくし、換気口を水のかかりにくいドアの上に移動しました。

 

面倒なお風呂掃除もサッと拭くだけで清潔感をいつでもキープ、それがオフローラの最大の魅力です。

 

さらに壁柄とあかりをコーディネートしてより過ごしやすいバスルームに。毎日のリラックスタイムをより上質に楽しむことができます。

 

シンフォニーハウス 片山工務店ではお風呂の快適さはもちろんお掃除の手間も考えてこの「オフローラ」を積極的に採用しています。

 

「システムバスは何が良い?」とお悩みの方はオフローラ、ぜひ参考にしてみてください!

 

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

80年かけて培ってきた家づくりのノウハウ
オリジナル商品シンフォニーハウスをご提供

有限会社 片山工務店

新潟県柏崎市上田尻1050-1
TEL 0257-23-1888

ホームページはこちら
https://www.katayama-koumuten.jp/

公式ブログはこちら
https://www.katayama-koumuten.jp/news/

インスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/katayamakoumuten/

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

こんにちは、シンフォニーハウス 片山工務店です!

弊社ではテクノストラクチャー工法を用いたシンフォニーハウスを提供していますが、在来工法で自然素材を使った家づくりも行っています。自然素材の住まいで最も大切なのは何と言っても「」。

 

 

同じ自然素材でもどの木を使うかによって住まいの精度は変わるものなので、弊社の場合は東京・木場にある市場に社長が直接出向いて買い付けを行っています。

 

柏崎からわざわざ東京へ出向いて自然木を仕入れる理由は、ズバリ流通量。新潟にも市場はありますが、やはり東京は流通量が多く、その分良い天然木が集まります

 

どんな木を選ぶかという目利きについてはやはり経験からくるものなのでなかなか言葉で表しづらいところなのですが社長曰く「良い木は俺を使ってくれ!と語りかけてくる」のだそうです(笑)

 

そのため弊社に自然素材を使った家をご依頼いただいた場合はもれなく社長が東京へ向かい、お施主様の住まいに合ったオンリーワンの自然木を選び抜いてきます

 

たかが「木」、されど「木」。素材一つひとつにこだわって上質な住まいを提供するのが私たちの仕事。自然素材と一括りにするのではなくその品質に至るまで徹底的にこだわって家をつくる。それは片山工務店とお施主様との約束です!

 

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

80年かけて培ってきた家づくりのノウハウ
オリジナル商品シンフォニーハウスをご提供

有限会社 片山工務店

新潟県柏崎市上田尻1050-1
TEL 0257-23-1888

ホームページはこちら
https://www.katayama-koumuten.jp/

公式ブログはこちら
https://www.katayama-koumuten.jp/news/

インスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/katayamakoumuten/

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

こんにちは、シンフォニーハウス 片山工務店です!

家づくりを考える上で欠かせないのが家事動線。どれだけ手間をかけずに家事をこなして快適に過ごせるかというのはとても大事なところだと思います。そこで本日ご紹介するのはシンフォニーハウスに標準装備されているPanasonicの全自動お掃除トイレ「アラウーノ」。実はこれ、グッとトイレお掃除が楽になる優れものなんです!

 

 

「アラウーノ」の魅力は何といっても自動で掃除をしてくれる洗浄機能!やることと言えば、拭くだけ。たまにブラシ掃除をする程度なのでお掃除がとっても楽なんです。その秘密は有機ガラスという素材。これは水族館や飛行機の窓に使われているガラス素材で、付着した汚れが落ちやすいという特徴があります。

 

さらには便器と便座に隙間がないので汚れる箇所も少ない。おまけに飛び跳ね防止の泡が出ますから男性が多い家庭にはありがたいですね!

 

手間をかけずに清潔なトイレを保てる「アラウーノ」シリーズは、シンフォニーハウスの住まいに採用させていただいております!モデルハウスにも装備済みなのでご興味のある方はご覧になってみてください!

 

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

80年かけて培ってきた家づくりのノウハウ
オリジナル商品シンフォニーハウスをご提供

有限会社 片山工務店

新潟県柏崎市上田尻1050-1
TEL 0257-23-1888

ホームページはこちら
https://www.katayama-koumuten.jp/

公式ブログはこちら
https://www.katayama-koumuten.jp/news/

インスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/katayamakoumuten/

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

こんにちは、シンフォニーハウス 片山工務店です!

家づくりの中で悩むポイントの一つが子ども部屋。独立型と共用型どちらが合っているのかはなかなか難しいところですよね。そこで本日はリビング学習に関するお話をしたいと思います。

 

 

昔の住まいの子ども部屋はどれも独立型でこもって一人で勉強するイメージですが、最近増えているのがリビングやフリースペースなど共用部での学習。東大生にはリビング学習をしていた人が多いという噂があるように、実は共用部の勉強というのは意外に効率的なんです!

 

高校生〜大学生にもなれば集中する時間が必要ですから部屋にこもるのも良いですが小学生〜中学生と幼いうちは誰かが見ているところで勉強で取り組んだ方が集中しやすいと考えられています。

 

例えば、幼いうちから部屋で一人になってしまうと、いつの間にかゲームや漫画など違うことをしはじめてしまうなど集中力が途切れてしまうこともしばしば。ところがリビング学習の場合は近くで家族が見ていますから勉強から手を離すわけにはいきません。

 

また、わからないところはその場でお父さんやお母さんに質問できるので、コミュニケーションも生まれますし勉強も効率よく進められます

 

孤立の可能性もある子ども部屋は「快適にし過ぎない」というのが一つのポイントリビングにいた方が心地良いという設計の方が家族とのコミュニケーションが豊かになり健やかに育つと言われています。

 

いかがでしょうか?本日は子ども部屋とリビング学習について片山工務店の子育てマイスターがお話させていただきました(笑)これから家づくりを考えている方はぜひ参考にしてみてください!

 

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

80年かけて培ってきた家づくりのノウハウ
オリジナル商品シンフォニーハウスをご提供

有限会社 片山工務店

新潟県柏崎市上田尻1050-1
TEL 0257-23-1888

ホームページはこちら
https://www.katayama-koumuten.jp/

公式ブログはこちら
https://www.katayama-koumuten.jp/news/

インスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/katayamakoumuten/

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

こんにちは、シンフォニーハウス 片山工務店です!

テクノストラクチャーの住まいといえばその耐久性から安心・安全というイメージがあると思いますが、その構造を支えているのが木と鉄の複合梁「テクノビーム」。そこで本日はPanasonicのテクノビームについてお話したいと思います!

 

 

木は縦の衝撃に強いけど横の衝撃に弱い。鉄は強度こそ高いけども温かみがない。それなら木と鉄の良いところをつなぎ合わせた梁を作ってしまおうということで開発されたのが「テクノビーム」です。

 

このテクノビームを使うことで得られる最大の魅力は、木では実現できない大空間リビングを作れるということ。

 

木を大空間の梁に使うためにはそれだけの長さが必要ですが、空間に合わせた木を探すというのは一苦労。しかし、テクノビームであれば思い通りの長さの梁を作ることができますから、いとも簡単に大空間リビングを実現できてしまうというわけです。

 

またテクノビームは内側が鉄、外側が木でできているので経年変化が少ないのも良いところ。扉の閉まりが悪くなったりすることも少ないので手間がかかりません。

 

さらにテクノビームを使った住宅は「木造住宅」なので、鉄骨住宅に比べて固定資産税も安く、安心・安全・大空間を実現されながらもお財布に優しいのがテクノビームの良いところ。

 

シンフォニーハウスではこのテクノビームを活用した住まいづくりを原則としていますので「大空間リビングを作りたい」「耐久性の高い家が良い」という方はぜひシンフォニーハウスまでご相談ください!

 

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

80年かけて培ってきた家づくりのノウハウ
オリジナル商品シンフォニーハウスをご提供

有限会社 片山工務店

新潟県柏崎市上田尻1050-1
TEL 0257-23-1888

ホームページはこちら
https://www.katayama-koumuten.jp/

公式ブログはこちら
https://www.katayama-koumuten.jp/news/

インスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/katayamakoumuten/

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

123

新着情報

カテゴリ

アーカイブ