ニュース

ホーム / ニュース / 施工事例

こんにちは、片山工務店広報担当のKです♪2020年ももうすぐ終わり。ということで本日は片山工務店の人気施工事例ランキング2020をお送りしたいと思います。今年よく見られた施工事例は以下の五軒です!

 

第五位 地震に強い家を建てたい!柏崎市I様邸の施工事例

地震に強い家を建てたいということでテクノストラクチャーに行き着き、片山工務店にご相談をいただいたI様。将来の二人暮らしを見据えつつ、すべての家事を一階で済ませられる家事動線にこだわりました。主寝室内には書斎も備え、ご希望通りの住まいに仕上がっています。
https://www.katayama-koumuten.jp/works/works-2701/

 

第四位 裸足で過ごせる家をつくりたい!K様邸の施工事例

裸足で過ごせる家をつくりたいというご要望をお持ちだったK様。床には無垢材を使用しました。またInstagramで検索しながら「こういう造作家具が欲しい」というオーダーにもお応え。細部までお施主様のこだわりが反映された住まいに仕上がりました。
https://www.katayama-koumuten.jp/works/works-2183/

 

第三位 平屋風の一軒家F様邸

岩上モデルハウスの小上がりを気に入っていただきお問い合わせをいただいたF様。平屋風の長所を活かして無駄のない家づくりを行いつつ、エネファームや床暖房、IoT設備に加え、床は無垢の木を貼り合わせたジョイハードフロアという足ざわりの良い床材を使用するなどこだわりが詰まった一軒です。
https://www.katayama-koumuten.jp/works/works-2371/

 

第二位 三角の土地に賢く建てる!柏崎市S様邸の施工事例

S様が購入した三角の土地は裏に水路と桜並木がある場所。「お花見ができる家」というコンセプトで建てていきました。ご要望は駐車場2台と家事動線。お花見のためのリビング、ウッドデッキを主軸として家事が短縮できる設計に仕上げていきました。
https://www.katayama-koumuten.jp/works/works-2322/

 

第一位 増築を視野に入れた一軒家!M様邸の施工事例

敷地内のガレージを取り壊して一軒家を建てたいとご相談いただいたM様。後々は母屋も取り壊して一緒にしたいというご要望があったため、増築を視野にいれてプランを立てていきました。家事動線や収納など生活に関わる部分は提案させていただき、ご要望の小上がりも取り入れさせていただきました。
https://www.katayama-koumuten.jp/works/works-2479/

 

以上、2020年の人気施工事例ランキングでした!お好みの一軒がございましたら、お気軽にお問い合わせください!
■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■
80年かけて培ってきた家づくりのノウハウ
オリジナル商品シンフォニーハウスをご提供

有限会社 片山工務店
新潟県柏崎市上田尻1050-1
TEL 0257-23-1888

ホームページはこちら
http://www.katayama-koumuten.jp/

公式ブログはこちら
http://www.katayama-koumuten.jp/news/

インスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/katayamakoumuten/
■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

こんにちは、片山工務店広報担当のKです♪
毎月お送りしている施工事例ですが、今回は片山工務店で大工として勤務している川合の住まいをご紹介します!
家族ができたことをきっかけに家の建築を決めた川合、設計は弊社片桐が担当しました。

片山工務店の大工 川合 俊輝
専門学校を卒業して20歳のときに片山工務店へ入社してきた川合は今年で25歳。
これまで先輩の職人について仕事を教わり、間もなく棟梁としてデビューを控えています。
明るい性格で社内の飲み会ではいつもムードメーカーですが仕事熱心で、これからの片山工務店を背負っていく大工の一人です。

片山工務店で家を建てようと思ったきっかけ
住宅業界では他社で家を建てるという人も少なくありませんが、日々大工として職人たちに囲まれて働く川合は、その仕事ぶりを見て片山工務店で家を建てることを決めたそうです。
設計は気心知れた仲の片桐に土地の図面を渡し相談したことからはじまり、片桐お任せのプランで進めていくことになりました。

川合がこだわったポイント
基本的には片桐のプランで進めていきましたが、川合の要望は広々としたリビングと和室屋根裏部屋が欲しいということでした。ちなみにL字になっている庭には、DIYでウッドデッキを作る計画があるそうです。

家事動線を考慮して広いランドリースペースとバルコニーを設置
大工という職業柄、衣服の洗濯が多くなりがち。そこで奥様の家事負担を軽減できるように広いランドリースペースとバルコニーを設置し、室内と室外の両方で洗濯物が干せるように。
また、外観については川合の好みを取り入れてモノトーンに仕上げています。

住み心地は?
引き渡し後に川合に話を聞いてみたところ「自分のやりたいことができるようになった」と満足の様子。自分の家を建てるということは、大工としても意識が変わり日々の仕事に生きてくる良い経験になったと思います。
これからの川合の仕事ぶりにも期待しています♪

 

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■
80年かけて培ってきた家づくりのノウハウ
オリジナル商品シンフォニーハウスをご提供

有限会社 片山工務店
新潟県柏崎市上田尻1050-1
TEL 0257-23-1888

ホームページはこちら
http://www.katayama-koumuten.jp/

公式ブログはこちら
http://www.katayama-koumuten.jp/news/

インスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/katayamakoumuten/
■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

こんにちは、シンフォニーハウス片山工務店広報担当のKです♪

片山工務店のホームページに訪れていただく方の多くがご覧になる施工事例!本日は2019年上半期にアクセスの多かった施工事例をまとめて5ご紹介したいと思います!

5位 Panasonicの「畳が丘」「ホシ姫サマ」を導入した新築https://www.katayama-koumuten.jp/works/works-507/

腰掛けられる畳の小上がりの下が収納スペースになっている「畳が丘」。洗濯物を干したいときに竿を手元まで降ろし、使わないときは天井に収納できるという「ホシ姫サマ」を導入した住まいです。

4位 昔ながらの「オーソドックスな家」https://www.katayama-koumuten.jp/works/works-2207/

椅子ではなくて床に座りたい」というお施主様の要望を元に建てた一軒。空間づくりは昔ながらを意識していますが高気密高断熱、耐震等級3と住宅のスペックが高い住まいです。

3 キッチンへの動線を考えた、子育て世代の家https://www.katayama-koumuten.jp/works/works-2058/

お子様の成長を機に新築を建てたいという経緯から、ホールからも入れるキッチンスペースを提案しました。清潔感のある白いデザインと作業しやすいキッチンではリビングまで見渡すことができます。

2 裸足で過ごせる家https://www.katayama-koumuten.jp/works/works-2183/

イメージに合う家具や設備だけでなく、こだわりの床材はたくさん並べて実際に裸足で踏んでもらいながら感触を確かめてもらいながら選びました。クラフトレーベルの内装ドアなどレトロな要素も取り入れたオンリーワンの住まいです。

1位 モデルハウスをそのまま購入!https://www.katayama-koumuten.jp/works/works-2088/

目の前のアパートに住んでいたお施主様がモデルハウスを気に入って、そのまま購入という珍しい事例!開放的で明るく吹き抜けのあるLDKを中心とした住まい。「家族の絆が深まる家」というコンセプトで建てられました。

以上、2019年上半期人気施工事例ランキングでした!「片山工務店ってどんな家を建てるの?」とご興味を持っていただけた方はぜひ参考にしてみてください!

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

80年かけて培ってきた家づくりのノウハウ
オリジナル商品シンフォニーハウスをご提供

有限会社 片山工務店

新潟県柏崎市上田尻1050-1
TEL 0257-23-1888

ホームページはこちら
http://www.katayama-koumuten.jp/

公式ブログはこちら
http://www.katayama-koumuten.jp/news/

インスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/katayamakoumuten/

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

こんにちは、シンフォニーハウス片山工務店広報担当のKです♪
いつもは施工事例を紹介していますが、本日はシンフォニーハウスで家を建てていただいたお客様のインタビューをお送りします!

Q.完成して1年、住み心地はいかがですか?
冬場の過ごしやすさはもちろんですが、夏になると断熱性の高さを実感します。外気温が30度を超える日でも、朝起きてリビングに降りたら涼しい。エアコンもつけていないのに気温が20度前半だったりするので「最近の家はすごいんだな~」と感じましたね。

Q.今の家で暮らすようになって変わったことは?
夫婦ともに家事が得意なわけではなかったんですけど、家事がしやすい設計にしてもらったおかげか、交代制でしっかりできるようになりましたね。間取りは凝って何回も打ち合わせしたのですが、相談して良かったなと思いました。

Q.これからどのような家にしていきたいですか?
やっぱり子どもが生活の中心になるので、成長に合わせて色々変えていきたいですね。例えば、今は子どもが小さいので走り回れるようリビングにはソファや飾りを置かずシンプルにしているのですが、大きくなったらソファを置いてインテリアを凝って居心地を良くしてみたり。いかようにもできる設計なので今から楽しみです。

Q.アフターフォローについてはいかがですか?
この間、僕がビニール袋を踏んで転んでしまってドアを壊してしまったのですが、担当の田村さんに電話したらすぐ来てくれて直してくれました(笑)小さなことでも親切に対応してくれるので安心ですね。

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

80年かけて培ってきた家づくりのノウハウ
オリジナル商品シンフォニーハウスをご提供

有限会社 片山工務店

新潟県柏崎市上田尻1050-1
TEL 0257-23-1888

ホームページはこちら
http://www.katayama-koumuten.jp/

公式ブログはこちら
http://www.katayama-koumuten.jp/news/

インスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/katayamakoumuten/

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

こんにちは。シンフォニーハウス片山工務店広報担当のKです♪
今回は田塚のS様邸の施工事例をご紹介します!

家の内側も外も木の風合いを活かしたデザインのS様邸は、日本建築古来の趣の良さがある、軒の出を大きくつくりました。軒の出とは、外壁から軒先までの距離のことです。軒の出を大きくとることで、建物自体が風雨や日差しから守られます。また、玄関ポーチが広いのもこだわりのポイントです。自然本来の良さを活かした建材でつくられたシンフォニーハウスならではの風合いも、使い込むほどに味が出る魅力的なデザインに仕上がっています。

夜の外観は、落ち着きのある優しいライティングによって、風情のある旅館みたいなかっこよさを楽しむことができます。雨風や強い日差しから守ってくれるので、日本の四季を楽しみながら、軒の出の下で読書や、家族でご飯を食べたりなど、さまざまなシチュエーションに応じて使うことができるスペースとして活用できます。

シンフォニーハウス片山工務店では、お客さまのご要望に沿いながら、さまざまな住まいづくりに挑戦していきます。今回ご依頼のあったS様にとって、良い時間を過ごせる癒しのスペースがある住まいとして、愛着をもって頂けると幸いです。

 

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

80年かけて培ってきた家づくりのノウハウ
オリジナル商品シンフォニーハウスをご提供

有限会社 片山工務店

新潟県柏崎市上田尻1050-1
TEL 0257-23-1888

ホームページはこちら
https://www.katayama-koumuten.jp/

公式ブログはこちら
https://www.katayama-koumuten.jp/news/

インスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/katayamakoumuten/

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

新着情報

カテゴリ

アーカイブ