ニュース

ホーム / ニュース / 片山工務店が考える「いい家」の定義とは?

2019.12.26

片山工務店が考える「いい家」の定義とは?

こんにちは、シンフォニーハウス片山工務店広報担当のKです♪
はじめて家を建てるときはどうしても「足し算の家づくり」になりがちですよね。奥様であればキッチンのスペースや設備、旦那様であれば書斎やガレージなど、好きな家を作れるというのが注文住宅の良いところなのですが、暮らしの基礎は押さえておきたいところ。そこで本日は片山工務店が考える「いい家」というテーマでお話します。

1、地震に強い家
まず大前提として災害に強い家。例えば、地震なら一回ではなく繰り返しの地震にも耐えられる安全性。片山工務店のシンフォニーハウスはこの「地震に強い」を基礎としてPanasonicのテクノストラクチャー工法を採用しています。

2、家事が楽な家
共働きの子育て世帯なら必ず意識しておきたいのが家事動線。天候に左右されずに洗濯物を干せるサンルームなど、時短をテーマとした家事動線は注文住宅の強みの一つです。また、二世帯住宅も「家事」が大きなポイントになるのでしっかり考えたいところですね。

3、臨機応変な家
子どもが小さいときに家を建てる方は将来の暮らしを見据えて、間取りを変更できる臨機応変な家にしたいところ。最近は可動式間仕切りなど低予算で間取りを変えられる設備もあるため、片山工務店でも可変性の高い家づくりをおすすめしています。

以上、片山工務店が考える「いい家」の条件の一例をあげてみましたが、結局は住む人のライフスタイルにフィットするかどうか。注文住宅を検討するときは欲が出てしまいますが「建てる側はこう考えている」ということでプランの参考にしてみてください♪

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

80年かけて培ってきた家づくりのノウハウ
オリジナル商品シンフォニーハウスをご提供

有限会社 片山工務店

新潟県柏崎市上田尻1050-1
TEL 0257-23-1888

ホームページはこちら
http://www.katayama-koumuten.jp/

公式ブログはこちら
http://www.katayama-koumuten.jp/news/

インスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/katayamakoumuten/

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

新着情報

カテゴリ

アーカイブ