ニュース

ホーム / ニュース / 住宅ローン控除が3年延長ってどういう意味?

2019.04.16

住宅ローン控除が3年延長ってどういう意味?

こんにちは、シンフォニーハウス片山工務店広報担当のKです♪
家を建てようと考えたときに気になるのがお金まわりのこと。特に年度末の借入残高に応じて所得税が控除される「住宅ローン控除」は必ず知っておきたいポイント。そこで本日は住宅ローン控除の基礎から今年発表された3年延長の背景まで弊社スタッフのSに話を聞いてみました!

Q.そもそも住宅ローン控除って何ですか?
住宅ローンを利用して家を建てたときに確定申告することでお金が戻ってくる仕組みのことですね。具体的には、年末の借入残高のうち1%分、所得税が減税されるというものです。所得税から控除しきれない分は翌年の住民税から控除しきれなかった額が減税されます(上限あり)。

控除額は、計算基準の年末時点借入残高の上限が4,000万円なので、その1%の40万円が最大の額になります。ただし国が推進している長期優良住宅においては5,000万円が上限なので、その1%の50万円が最大額になります。
シンフォニーハウス片山工務店は全棟長期優良住宅なので最大で50万円の控除を受けることができます。

Q. 住宅ローン控除が3年延長というのはどういうことですか?
従来の住宅ローン控除は10年間だったのですが、2019年10月に控えている増税の影響を踏まえ住宅ローン控除の期間を3年延長して13年間控除が受けられるようになるというものです。ただ延長分の控除については「建物価格の2%÷3年間」または「年末借入残高の1%」のどちらか低い方が適用となります。

Q.住宅ローン控除を13年受けられるのはいつからですか?
昨年12月に閣議決定された段階でこれから審議を経て6月あたりに施行される予定です。対象については基本的に増税が予定されている2019年10月から2020年12月末までに住まいを購入した場合。もしくは2019年4月以降に請負契約を行い10月以降にお引渡しされた場合も対象になります。

以上Sによる住宅ローン控除のお話をお送りしました!住宅ローン控除の詳細については打ち合わせでも案内しておりますので、お気軽にお尋ねください!

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

80年かけて培ってきた家づくりのノウハウ
オリジナル商品シンフォニーハウスをご提供

有限会社 片山工務店

新潟県柏崎市上田尻1050-1
TEL 0257-23-1888

ホームページはこちら
http://www.katayama-koumuten.jp/

公式ブログはこちら
http://www.katayama-koumuten.jp/news/

インスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/katayamakoumuten/

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■